READING.JP

~日記で学ぶソフトウェア開発~

初めてのJekyll

18 Nov 2013

Jekyll を使って自由度高く、プログラマらしいブログの作成に挑戦します。

何はともあれインストールからですね。

$ sudo gem install jekyll
$ jekyll new <ブログ名>
$ cd <ブログ名>
$ jekyll serve

これで、http://localhost:4000 にアクセスするとブログサイトの雛形が表示されます。

ここからは、ある程度使い方を習得するために、ドキュメントを読み進めます。

簡単に静的なブログサイトを生成するツール、といったところでしょうか。 テンプレートに Markdown(またはTexttile)と Liquid を使って静的なページを生成します。

デフォルトのマークダウンエンジンは、Redcarpet。確かに $ jekyll new で雛形を生成すると、 2013-11-17-welcome-to-jekyll.markdown と、拡張子が .markdown のファイルが生成されていますね。

サイトを生成するには、

$ jekyll build

を実行するだけです。デフォルトでは ./site が出力先のようです。 ソースと出力先をオプション指定することもできます。

$ jekyll build --source <ソース> --destination <出力先>

毎回コマンドを実行するのが面倒な時は、

$ jekyll build --watch

と、ファイルの変更を監視させておきます。

よし、これで何か書き始めることができそうです。後はネタと努力次第ですね。